「「僕らはこんなにも生きてる」」
煩悩OLウニ子の日常戯言日木。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
NINAGAWA 十二夜
土曜日に行ってきました。
席は2階の正面に近い横の1番前で、2等席の9000円でした。
新橋演舞場って初めて来ましたが、歌舞伎座よりも狭いですね。
演出上、もう少し大きいステージの方がイイかな、と思いました。

3回目でしたが、前回よりもさらにパワーアップしてました!
歌舞伎ってことを忘れちゃいますね。
なんと言っても、『麻阿』役の市川亀治郎さんは最高です。
歌舞伎としてはありえない動きだったり、セリフの言い回し。
ホントにこの作品の最高のスパイスです。
こんなにも人間らしくて憎めない『麻阿』は、亀治郎さん以外には出来ないと思います。

獅子丸(本当は琵琶姫)の尾上菊之助さんも、ホントに可愛いし、
その他の出演者の方々も、遊び心満載で隅々まで楽しませてもらいました。

帰りに亀治郎さんの出待ちをしたんですが、出口予想が外れ会えませんでした。
残念!!(><)

休憩時間にお弁当を食べたので夕飯は食べずに帰ろうと思ったんですが、
出待ちがまっとうできなかった悔しさから、これはもう何かガッツリ食べるしかないってことで(え)、
歌舞伎座近くのつけ麺屋さんへ。(『本格つけ麺 たれ蔵』)
野菜ピリ辛つけ麺(800円)を注文しました。
麺は並盛、中盛、大盛が同じ値段でチョイスできますが、今日はとりあえず並盛にしました。
食べやすく刻んだ野菜がタップリ入ったピリ辛スープに、
太麺がしっかりと絡んで美味しいかったです。
店内は狭く、あまりキレイな感じではありませんでしたが(苦笑)、
予想以上の美味しさにリピート決定です。
並盛はちょっと少ないかな〜と思ったんですが、
麺が太くて食べ応えがある所為か、並盛りで丁度良かったです。

お腹が苦しかったので、そのまま大手町まで夜散歩をして帰りました。
夜の丸の内は好きな場所なのです。




NEC_1210.jpg
夜の歌舞伎座。
老朽化の為とは言え、こういう歴史のある建物がなくなっちゃうのは、やっぱり切ないですね。。。



歌舞伎 / comments(0) / trackbacks(0)
新春浅草歌舞伎!
新春浅草歌舞伎に行って来ました。

NEC_0830.jpg

NEC_0832.jpg


演目は、

第1部(午前11時開演)
お年玉<年始ご挨拶>
一、『一條大蔵譚』曲舞の場 奥殿の場
二、新古演劇十種の内『土蜘蛛』

第2部(午後3時半開演)
お年玉<年始ご挨拶>
一、『一本刀土俵入』
二、『京鹿子娘道成寺』

です。

本当は同じ日に行きたかったんですが、いい具合にチケットがとれず、
1月23日(金)に第2部を、25日(日)に第1部を観に行きました。

23日(金)の年始ご挨拶は松也くんでした。
爽やかでカッコ可愛いですねー。
座席は一番安い3階席。花道は完全に見切れちゃいますが、
舞台は全体的に見えますし、これで2000円なら大満足です。

25日(日)のご挨拶は七之助くんです。
同行した友人は彼のファンとのことで、大喜びでした。
何度も行く人もいるから、あのご挨拶は毎回違うんですかねー?
うーん、それも結構大変ですね。
座席は花道横!!ちょっと後方ではありましたが、かなりの良席。
初めて花道横に座れたんですが、役者さん達の足や手の動き、
お化粧や衣装が間近で観れて、本当に感動しました。

一応、事前にあらすじだけは予習して行きましたが、
どれもとても分かり易く、とても面白かったです。
特に私は「一本刀土俵入」と「土蜘蛛」が気に入りました。
てゆうか、完全に勘太郎さんの演技に見惚れました!
もちろん亀治郎さんも豪快でオリジナリティがあって、可愛らしくて大好きですが、
勘太郎さんにシビレターーー(←死語)んです。

「一本刀土俵入」の人のイイ頼りない男と、10年後の義理人情に厚い、強く男らしい男。
「土蜘蛛」の不気味な僧侶と、土蜘蛛の妖怪。

きっと初心者にも分かるくらい、ある意味、極端に別人の方が演じ分けやすくて、
○○姫と××姫とか、同じような人物の演じ分けという方が難しいのかもしれませんが、
それでも、まんまとツボにはまった感じです。(笑)

うーん、やっぱり歌舞伎って面白いです。
一回観ると、続けてもっと観たくなりますね!
歌舞伎 / comments(0) / trackbacks(0)
行ってみました。
NEC_0062.jpg

『長塚誠志 “劇写”市川亀治郎写真展』@パレスホテル

に、行ってきました。初日です。
初日なんだけど、まぁ〜、、、空いてました。
空いてたってゆーか、ガラガラ?(苦笑)
13時過ぎ頃に行ったんですが、それ以前の入場者は7、8人だったようです。
てか、告知なさすぎでしょ。全然知らなかったんですけど。

写真は素敵でした。
表情が生き生きとしていて、面白いですね。
特に歌舞伎の独特の表情が、ホントに浮世絵のようで、キレイだと思います。
ただ、写真にもうちょっと作品解説があると良かったかな。
私はまだまだ初心者なので、やっぱり知らない作品も多くて。
一緒に行った方が詳しい方だったので、1枚づつ解説していただけましたが、
もうちょっと、解説があると、より分かり易かったな〜と思います。

ちなみに、ランチにパレスホテルの入口にあるサンドウィッチ屋さんで食べたんですが、
外国の方向けにボリュームがあって、なかなか美味しかったです。
が、、、値段が高い!サンドウィッチだけで1000円〜1500円。
せめてポテトとかドリンクは付けて欲しいな、って感じでした。
ま、目の前が皇居という、素晴らしい立地の代金が含まれてるんだろうなー。
それは確かに納得、かも??
歌舞伎 / comments(0) / trackbacks(0)
十二夜、再び!
行ってきました。
『十二夜』2回目。7月28日、昼の部です。

今回はお母さんと一緒に行きました。
ウチの家族はかなり仲が良い方だと思うんですが、前に観た時、その素晴らしさに
感動したので、是非お母さんを連れて行ってあげたいな〜と思いまして。

2回目(DVDでも2回見てるので、実際は4回目)なのに、
ホントに新鮮で面白かったです!

<内容>
航海中の船が難破して、双子の兄斯波主膳之助(菊之助)と離ればなれになった琵琶姫(菊之助)は、舟長の磯右衛門(段四郎)の助けで、男姿となって獅子丸と名乗り、紀伊国加太の大篠左大臣(錦之助)に仕え始めます。左大臣は、ただいま公家の織笛姫(時蔵)に激しく片想い中。織笛姫はといえば、左大臣からの恋文を持参した獅子丸にひと目惚れしてしまい、その獅子丸=琵琶姫は、左大臣を密かに慕うという、ややこしい恋愛模様となります。一方、織笛姫の叔父の左大弁洞院鐘道(左團次)は、厳格で口うるさい家老の丸尾坊太夫(菊五郎)が織笛姫に想いを寄せていると知り、ひと泡噴かせようと、恋人の腰元麻阿(亀治郎)や、右大弁安藤英竹(翫雀)らといたずらを仕掛け、まんまと成功させます。そうこうしているうちに、難破したのち海賊に助けられていた斯波主膳之助も、織笛姫邸に到着。獅子丸と斯波主膳之助。そっくりな二人が交互に現れ、周囲はますます混乱してゆきますが・・・。

最終的にはあっさりハッピーエンドです。(笑)
私の好きな亀治郎さんは、やっぱりハッチャケてるし(笑)、
菊五郎さんはその存在感がホントに凄い。
でもやっぱり菊之介さん!!
菊之助さんは男性でありながら、<男性のフリをしている女性>を演じるなんて、
めちゃくちゃ混乱しちゃいませんか?(笑)
それがホントに上手なんです。(上手なんて簡単な言葉で申し訳ない…)
なんと言っても声が凄くて。男性役の声と、女性が男性のフリをしている時の声と、
女性の声と。その3つが全部違うんですよ。違うのに、たまに混ざったりしてて。
マジで凄い。それを生で演技してるなんて、役者さんて凄いなぁと思いました。
やっぱり生で観たり聴いたりするのは、色んなところで感動するので、
みなさんにも歌舞伎だけとは言わず、ミュージカルでもオーケストラでも、
その場に言って、その瞬間の感動を体感してみてください(^^)

座席について。
座席は今回は7列目。ちょっと上手よりだったけど、かなり近くて
役者さんの表情がしっかり見れて大満足でした。
でも、前の人の頭が視界で視界を遮られてしまったので、最初は結構気になって。
舞台の全体像が見れないのは、ちょっと難点だったかなぁ。
ま、贅沢発言ですが・・・。
1回目に見た3階席一番前は、舞台の全体が見れるし、セットも奥行きまで
しっかり見れるので、それはそれで私は好きでした。
今回みたいに、どうしても役者さんの表情が見たい〜ってことじゃなければ、
次は3階席にしようかな、と。値段も違うしね(^^;

NEC_0059.jpg
前から7列目

お弁当は、最初に予約をして地下食堂で食べました。
今回は歌舞伎座の中で購入したけど、次は来る途中でもうちょっと
食べやすい(おにぎりとか)を買おうかなと思います。
その方が時間的にも節約できるしね〜。

NEC_0061.jpg
にぎり寿司弁当

NEC_0060.jpg
幕の内弁当

でも雰囲気を味わうなら、こういうお弁当はオススメです☆
・・・次は何を観に行こうかな〜(θ∀θ)ニャハ
歌舞伎 / comments(0) / trackbacks(0)
NINAGAWA十二夜@歌舞伎座!!
今日は歌舞伎を見に行きました。
歌舞伎は前から見たいと思っていたんですが、どれを見たら良いのかとか
色々分からないことが多くて、なかなか観にいく機会がなくて。
で、ようやく仕事場の先輩でよく観にいかれる方がいたので、
その方に色々ご指導いただきながら、観にいくことが出来ました♪

20070517_32735.jpg
これは以前に撮ったものです。
今日は夜の部だったし、なにせ大雨だったもんで。

今日の作品を楽しむ為に、歌舞伎の雰囲気を知っておこうと、以前に1度連れて
行っていただいたので、今日が人生で2度目の歌舞伎です。
で、何を観にいったかと言うと、
『七月大歌舞伎 NINAGAWA十二夜』です。
今回は再公演なので、以前に行われた公演のDVDと筋書きをその先輩に借り、
しっかり予習したお陰で、凄く楽しめました!
全く知らないで行くよりも、多少知識があった方が色んな所に注目して
観ることが出来るから、良いと思います。

とにかく、セットや照明、音楽が凄くキレイでうっとり。
内容も分かりやすいし、笑いどころ満載で、最後までホントに楽しめました!!
また観にいきたいです!(*^^*)

NEC_0043.jpg
今日の座席は3階のセンター一番前。
花道とか多少見切れちゃうところもありますが、なかなか見やすくて良い席でした♪

NEC_0044.jpg
3階席の別の角度。

NEC_0045.jpg
2階。1階にいろんなお土産屋さんが沢山あります。
甘味とかかなり食べたくなっちゃうよ!(笑)

NEC_0046.jpg
今日は夜の部だったので、1幕後の休憩時間にお弁当を食べました。
歌舞伎座の隣で売られているお弁当で『歌舞伎小町』1200円。
夜の部限定らしく、開場時間(16時)には売り切れてました。
おかずも沢山あって、美味しかったです。(^^)
ちなみに歌舞伎座の中にも、美味しそうなお弁当たちがありましたが、
ちょっと高めかも?でも高くても雰囲気で買いたくなっちゃうんですよね〜!

NEC_0047.jpg
3階で売られている、たいやきです。
紅白のお餅が中に入ってます。コレが何せ良い匂いで!
ボリュームもあって、美味しかったですw

NEC_0048.jpg
お土産は今日の筋書きと、人形焼を買って帰りました。
なんかあーゆー場所に行くとついつい興奮して、色々買いたくなっちゃうんですが、
今日は我慢しました。(笑)

で、帰りに出待ちをして、皆さんをお見送りまでして来ちゃいました。
ちなみに私は市川亀治郎さんのファンでして。
今大河ドラマで武田信玄(晴信)を演じてる方なんですが、
その演技が素晴らしくて、凄く引き込まれました。
そんなこんなで、ちゃんとサインをゲットして来ましたよ!!
ちょっとお急ぎ気味だったようなんですが、頑張って声をかけて。
あ〜、嬉しいな!!ドラマも良いけど、実物も素敵でした☆

歌舞伎って、なんだかとても不思議な世界なんですが、
すぐそこで演技をしている、画面が変わったり、音楽だったり、
色んなことが伝統に溢れていて、素晴らしいものだと思います。
行ったことのないかたは、是非いつか行ってみてくださいね!


・・・てか、台風だな。
明日、関東(東京)暴風域でしょ?しかも大型の。
そんな時にお台場って。。。危険すぎじゃ〜!!!
でも、久々のムックちゃんなんで、思いっきり楽しんで来ます♪
歌舞伎 / comments(2) / trackbacks(0)