「「僕らはこんなにも生きてる」」
煩悩OLウニ子の日常戯言日木。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
DVD鑑賞@「(500)日のサマー」

例のごとく時間に余裕があるので(笑)、よくDVDを見ています。

ここ最近見たのは、こんな感じです。

・2012
・レポゼッション・メン
・ぼくのエリ 200歳の少女
・マイレージ・マイライフ
・RED
・ONCE ダブリンの街角で
・プラダを着た悪魔
・ガタカ
・(500)日のサマー

それぞれに感想はあるんですけど、ここで注目なのが「(500)日のサマー」!

まぁ〜〜〜〜、あまりにも主人公が私自身でした。

運命の恋を信じるトムと、信じないサマーの出会いと別れから、次の季節までの500日の物語。

この作品はトム(男性)目線で描かれていますが、そこに男女の違いは全くないと思います。(作品的に男性目線の方がきっと爽やかなコメディに出来るからですね。これが逆だと多分笑えないでしょう。苦笑)

あまりに自分と重なり過ぎて号泣しながらの鑑賞だったんですが(苦笑)、なんかすごく理解できました。

主人公の心の変化とか言ってることとか、もう面白いくらいに自分と重なって。でもそれだけに、自分と同じことを考えて、同じようになっちゃってる人がいるんだって思ったら、自分が異常じゃないって思えたし、ホントもうどうすることも出来ないんだなーって納得も出来たというか…。

もし私が失恋してなかったら、この映画を見てもイライラしただけかも。

自分がサマー側の人だったら、全然面白くないって思うかも。

でも一度でも本気で恋して、振られてしまった人なら、みんなトムに共感するんじゃないかな。勿論、逆もしかり。きっとそんな経験をして、今が幸せな人は、クスクス笑って懐かしさを楽しめる作品だと思います。


どんなに楽しい日々を送っていても、最愛の人ではないなら恋人関係は解消する。

ただそれだけ、なんですよね。

もしかしたら、楽しい!と思っていたのだって、自分の一方的な印象なのかもしれない。

楽しかった!っていうのも、その時の印象だけの記憶で、

微妙だなーって思った(嫌な)記憶に目を瞑ってるだけかもしれない。

どちらも事実なんですよね。



映画の中でよく登場するセリフ。

「 海の中には沢山の魚がいる。 」

これも事実。でも、

その魚の存在に気づくのは、本当に心から別れと向き合った後なんですよね。

今の私はまだそれが出来てなくて。

何故かと言うと、完全に断ち切れてないからで。


私を振った彼が、何らかの理由(私が可哀想だから?映画の趣味が合うから?何も考えてない?)でヨリを戻す可能性もナイのに連絡を断とうとしないなら、その意味を期待しながら探すのではなく、根本的な、もう恋人ではないという事実と向き合って、私から断絶しなきゃ海の広さには気付けないんですよね。



とにかく、心理描写から映像から人物像から。何から何まで良く出来た作品でした。

特に色使いと画面の使い方が!ネタバレになっちゃうかもですが、途中でトムの【理想の自分】と【現実の自分】が画面を2分化して流れるシーンがあるんですけど、もう「分かる〜〜〜」って。そうそう、自分の期待が思い描いた世界と、現実って全然違ったりするんですよね。凄く等身大の人間像を丁寧に切なく、そしてコミカルに描いていて、見て良かったです。ホントはもう少し後の方が良かったですが。(苦笑)

ちょっと冷静になってから、もう一度観たいな。


今度は泣かずに、軽く笑えるように。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加してみました。
ポチっとしていただけると嬉しいです♪

映画 / comments(0) / trackbacks(0)
2010年の映画を振り返る。


母親が映画好きだったおかげで、小さい頃からよく映画館に連れて行ってもらいました。まだ字幕の漢字が読めないくらい子供だったけど、なんとなく背伸びしているようで嬉しかったです。記憶にある初めて観た映画は『長靴下のピッピ』。馬に乗って小学校に通うことを夢見てました。(笑)

そのあと、『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』と『バック・トゥー・ザ・フゥーチャー2』をどうしても見たいと強請った記憶があります。どちらも89年公開なので、まだ10歳。その頃からハリソン・フォードに憧れ、マイケル・J・フォックスに恋をして・・・ん?オヤジ専!?


そんな遠い記憶は置いといて(笑)、2010年に観た映画です。


1、パブリックエネミーズ
2、ラブリー・ボーン
3、彼岸島
4、かいじゅうたちのいるところ
5、インビクタス/負けざる者たち
6、ゴールデンスランバー
7、人間失格
8、シャーロック・ホームズ
9、第9地区
10、シャッター・アイランド
11、フィリップ君を愛してる
12、オーケストラ!
13、アリス・イン・ワンダーランド
14、レギオン
15、てぃだかんかん
16、プレシャス
17、アイアンマン2
18、トライガン
19、闇の列車、光の旅
20、シーサイドモーテル
21、借りぐらしのアリエッティ
22、トイストーリー3
23、小さな命が呼ぶとき
24、インセプション
25、悪人
26、LEDLINE
27、ミックマック
28、十三人の刺客
29、リミット
30、100歳の少年と12通の手紙
31、ナイトアンドデイ
32、クロッシング
33、デイブレイカー
34、武士の家計簿
35、アンストッパブル
36、バーレスク


それなりに偏りなく観れたかな?
試写会に行った作品もありますが、今年は結構沢山見れた方かも。
あとは一人映画デビューをしたので(笑)、だいぶ世界が広がりました!


そんな中で、ウニ子的BEST5を発表しちゃいます☆(勝手にな!)


第5位  『 100歳の少年と12通の手紙 』

凄く泣けたんですけど、全くお涙頂戴系ではないです。必ず誰もが向かえるその時に、旅立つ側、見送る側の心を安らかにしてくれる、勇気をくれる作品だと思います。とってもファンタジーでユーモアがあって、素晴らしかったです。


第4位  『 インセプション 』

ぶっちゃけ内容は半分くらいしか理解できてないと思います。(笑)でもこの発想と映像世界はアッパレ!としか言いようがない!バーチャルワールドを隅々まで堪能できました。久し振りに新しい作品に出会った感じ?でもレオが『シャッター・アイランド』とかぶりすぎw


第3位  『 悪人 』

邦画ってどこかで洋画に並べない気がしていたんですが、この作品は素晴らしかったです。勿論原作が素晴らしいんだと思いますが、妻夫木くんと深津さんの演技がホントに素敵でした。誰にでも潜んでる『悪』と、『孤独』と、『愛』がリアルに伝わってきて、シリアスな作品なんですが、真髄にあるのは純粋なラブストーリーだと思います。とても似合わない感想かもしれませんが、愛する(愛される)人が欲しくなりました。(えぇ、そりゃもう猛烈に。)


第2位  『 バーレスク 』

何も考えずに、ただ単純に楽しめた作品でした。なんの捻りもないので軽過ぎるって思う人もいるかもしれませんが(笑)、でもアギレラがとにかくカッコイイしカワイイし、歌うシーンを映画館で観るだけでマジで価値ありです。鳥肌立ちました。勿論シェール姉さんも負けてはございません。さすがの貫録で歌いきります。(整形し過ぎてちょっと怖いけど。笑)是非ミュージカルでやって欲しい〜って感じ。女の子はきっと大好きだと思います(^^)


第1位  『 トイストーリー3 』

言うまでもなく、な作品でごめんなさい。(笑)でもそうなっちゃうよねぇ
もうダントツ1位。てゆうか私が過去観た作品の中でも相当上位に位置するかもです。

実は私、ピクサー作品をこれで初めて観たんですが、(映画好きなんて言えないアホヤローです)、もう『なんじゃこりゃー!!』ですよ。そらベタに松田優作出ちゃいますよ。そら目からウロコも飛び出すっちゅう話しですよ。(←結構普通)とにかく映像的にも衝撃的だし、しかも内容がまたかなりイイ!!光のコントラストが幸せのあたたかさをそのまま表現していて。誰にでもある、小さな、懐かしい別れの場面。その時の自分を思い出し、これからの子供たちを思い浮かべ、とてもあたたかな気持ちの良い涙が溢れました。間違いなくナンバーワンの作品でした。

ちなみにピクサーに衝撃を受けた私は、そのまま過去作品を見まくったのは言うまでもありません。(笑)カールじいさんも良かったけど、私はなぜか『レミーのおいしいレストラン』にドハマリしまして、DVDスペシャルBOXをヤフオクで購入。レミーが料理を作る前に手を洗うだけでキュンキュンでした。(笑)ネズミを飼いたい旨家族に伝えると、『だいたい2年の寿命だよ』、と。うぅ・・・。


2011年も沢山素晴らしい作品に出会えるとイイな。今のところ観たい作品は、、、『キック・アス』、『ソーシャルネットワーク』、『幸せの雨傘』、『GANTZ』、『ヒアアフター』、『ナルニア国3』、『マクロス・フロンティア』、『塔の上のラプンツェル』・・・って多ッ!!


地道に頑張ります。(笑)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加してみました。
ポチっとしていただけると嬉しいです♪



映画 / comments(0) / trackbacks(0)
映画

『20世紀少年ー最終章ー<僕らの旗>』 を観ました。
原作は映画を観てから読もうと思っていたので、
エンディングにどんな違いがあるのかは分かりませんが、
私はこの映画、好きです。

てゆうか唐沢さんのケンジが大好きだからなんですけどw
しかもあの曲、イイ曲ですよね〜♪

でもでもでも、超気になることがあるんですよ〜〜〜。
アレってどーゆーことナン?????
・・・ネタバレになっちゃうから聞けないけど。
ネットで彷徨ってみます。

155分と長めの映画でしたが、全然気になりませんでした。
邦楽ってやっぱりイイかも。
次は『カイジー人生逆転ゲーム』 と 『戦慄迷宮3D』 を見に行きたいです。
ホラーで3Dって超面白そうじゃないですか?!
こーゆーのこそ、映画館で見ないとね☆(勿論レディースデーに。笑)


で、家に帰ってからもう1本、『幸せになるための27のドレス』を観ました。
超面白い!ってほどじゃないけど、まぁ軽〜い感じでサクっと観れるので、
この手の映画は嫌いじゃありません。

てゆうか、ホンットに結婚したくなった〜(><)
自分、こんな映画一人で見ちゃうなんて、ちょっと自虐的〜☆

や、こーゆー映画をガンガン見て、もっと結婚したモードになって、
自分にエンジンかけます!!がんばろうっと。。。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加してみました。
ポチっとしていただけると嬉しいです♪

映画 / comments(0) / trackbacks(0)
映画
先日、『グラン・トリノ』と『スラムドッグ$ミリオネア』を観ました。

いやーーー、どっちも凄く面白かったです。
素晴らしい映画でした。満足感は満点☆ですね。
今年のアカデミー賞は大変だっただろうなぁ。

『グラン・トリノ』はもっと暗くて、辛いエンディングを想像していたのですが、良い意味で裏切られました。勿論、それほど明るい映画ではないけど、爽やかな感動、です。人と人との繋がりの大切さとか、相手を大切に想う気持ちとか、温かいものを感じました。きっと日本人は好きなストーリーじゃないかなと思います。

でも、さすがクリント・イーストウッドです。渋い!頑固オヤジなのに素敵!!(笑)なかなかこのレベルの俳優さんは、数が少ないのかもしれないですね。(偉そうに何様だって感じですけど。)しかも彼の作品には駄作がないのがスゴイ。観て損した気分になったことは殆どないです。ただ、結構シリアスな内容が多いので、観終わった後は(;_;)ってなっちゃうことも多いですが。(苦笑)


『スラムドッグ$ミリオネア』。
これも思っていたのと全然違いました。実はもの凄く深刻で悲惨でカルチャーショックなストーリーだと思うんです。けど、それがごく普通に淡々と一切の感情表現がなく描かれていることで、全く暗いシリアスな映画になっていないのです。本当だったら、あんな暮らしをしていたら、人を妬んだり、自分を蔑んだりするかもしれません。『こんな暮らしに生まれていなければ』と性格が歪むかもしれないですし、貧しいゆえに卑しくもなってしまうかもしれません。。
でも、そういう感情からくる訴えがこの映画にはありません。それがない分、子供たちが必死に生きている様子が伝わり、また、本当にそういう暮らしをしている人々がいるんだ、ということをよりリアルに実感するのかもしれません。創り物(ドラマ)的でもなく、かと言ってジャーナリズム的でもなく、そういう暮らしを垣間見たという感じ。ありきたりな言葉ですが、私たちがどれだけ恵まれていて、どれだけ贅沢をしているのかを、またどうしたらこういった現実をより良い方向に持っていけるのかを、考えさせられる映画だったと思います。

私たちは休暇を利用して観光でそういった国に行きますが、もしかすると、それはやはり、こういった国を潤す為に必要なことだと思います。必要なことだけど、こういったことがすぐ裏側で実際に起こっているんだ、という事実を知っていなければならないのだと思います。

ただ、この映画のスゴイところは、そういった現実を描きながらも、物語の中心にあるのは胸が締め付けられるような、切なく恋しいジャマールとラティカのラブストーリーなのです!お金設けでもなく、国からの脱出でもなく、スラム街出身ということを隠すわけでもなく、ただひたすら大切な、最愛の人を探す旅物語。映画を観ている時はスラム街でのインパクトが大きくてそれほど実感が湧かなかったんですが、見終わった後しばらくして思い出すのはジャマールとラティカのことばかりでした。


うーん、恋愛、友愛、家族愛、、、
どんな状況でも、人が生きるうえで必要なのは、『愛』なんだなと。

映画って素晴らしい!!(笑)







映画 / comments(0) / trackbacks(0)
久々に
映画館で洋画(『ワールド・オブ・ライズ』)を観ました。

いやー、すっっっごい怖かったけど、面白かったです。
こんなにリアルでイイの??って心配になるほど今の世界情勢を描いてて、
フィクションかノンフィクションか、ちょっとシンクロしちゃいそうでした。
(※フィクションです。)
でもやっぱり、リアルなテーマは娯楽だけに留まらず、色々考えさせられますね。
どうか世界中の争いが、これ以上悪化せず、できるだけ早く終結して欲しいと願うばかりです。

しかしレオちゃんがねぇ。
思いっきりオッサンかと思って全く期待してなかったんですが、相当カッコイイです。
もうヤバイ!テンション上がりました。笑。

そんな訳で映画熱に火が着き、家に帰って録画していた映画を観ました。
『バイオハザード3』と『アナトミー』の2本立てです。なぜかホラー映画。(笑)

まずは『バイオハザード3』。
相変わらず面白いです。ホラー映画はこうでなくっちゃ!って感じ。
内容はあっさり。でも怖いシーンは抜かりなく。かつ原作イメージにピッタリ。
うーん、言うことありません。バイオ世界を全く損ねてないところが素晴らしいです。
しいと言えば、クレアはもっと優しい雰囲気の女の子だったんだけどなー。
でも続編もありそうですよね。
今度はもしかして日本が舞台?!それ超テンション上がるんですけど!!(>▽<)
また主人公のアリスがなんとも中性的で素敵です。ミラ・ジョボビッチ、大好きw
とりあえず次作には、レオンの出演を期待します。とびきり美青年で!!(笑)

続いて『アナトミー』。
うーーーん。これはウニ子的にはパスでした。はっきり言って、面白くないっす。
wowowの「真冬のホラー特集」みたいので放送されたので期待しちゃったんですが、
これはホラー映画じゃないよ。どちらか〜と言うとサスペンスかなぁ?
とにかく色々な要素を盛り込み過ぎて、どれも中途半端。
辛口すいまめん。
ちなみに、以前日本でも公開された「人体の不思議展」。アレですよね。
なんとゆーか、実際にそういう人体模型とか、そういう研究が存在するので、
それを異常者目線でホラー仕立てにするってゆうのが、どーも私は好きじゃありません。
だってそれこそ紙一重な世界だと思うので(え)、それを題材にするのは、、、ねぇ?
ま、ホラーなんてそんなもんか。(結局。笑)

私的ホラー映画の原則は、内容はさしてなくてOKなんです。
だから『フロム・ダスク・ティル・ドーン』のような、
意味なんてないけどノンストップなのがが好きです。

次は何を観ようかな。
『ボーン』シリーズ3部作を取り溜めてたはずだから、それにしようひらめき

映画 / comments(0) / trackbacks(0)
映画いろいろ。
映画を観ました。
最近めっきり映画をみる本数が減っています。
こんなんじゃダメじゃ〜!もっと見るようにしないと。
でもピークに観ていたころにくらべると、
観たい映画自体が減っているような気もします。

観た映画は、
『花より男子F』、『マジックアワー』、『インディージョーンズ』の3本立てです。
最後のインディはさすがにちょっと眠くなった(笑)

どれも面白かったですよ!
でも一番は『マジックアワー』かな。
もうね、大笑いです。映画であんなに笑えるってホントに凄い。
笑えるのに、ホロっとさせて。隅々まで、マニアックに抜かりなく。
さすが!!って感じでした。
三谷さんの作品は全部見ていますが、私は間違いなく『マジックアワー』が一番好きです。

『花より男子F』は、ドラマに引き続き、面白かったです。
これは女の子の夢ですよね(笑)
強引でオレ様だけどちょっとバカで憎めない。それでいて肝心な所はしっかりしてて、
力強く『お前以外はいらねぇ!』『お前は俺が絶対守る!!』って。
そりゃあ、言われたいですよ!(笑)
という全国の乙女の夢を叶えた作品だったかと思います。
それにしても、松潤にとって道明寺役はホントにアタリ役だなぁ。

そんで『インディージョーンズ』。
大大大っ好きな作品の4作目ってことで、嫌でも期待大で行きましたが、
十分面白かったです。
確かに3作目までに比べれば、インディーは歳をとりましたが、でも全然アリです。
やっぱりインディーはハリソン以外には考えられないな〜って。
ダイ・ハードもそうだけど、定番王道でイイんです。それが好きなんですから。
内容は・・・うん、最終的には「え〜?」って思う節もないことはナイですが、
スピルバーグだし、、、それもアリなんかな、と納得してみました。(どんなだ。笑)

映画って観はじめると観たくなる〜。
これから観たい映画は、、、
『20世紀少年』(これは見たいでしょ!!)
『デトロイト・メタル・シティ』(コレは予告で既に大笑いでした!絶対観る!!笑)
『崖の上のポニョ』(やっぱり、ねぇ。観ないと。)
『パコと魔法の絵本』(いかにも洋画意識した作品のようです)
『ベガスの恋い勝つルール』(キャメロン大好きw)
『イーグル・アイ』(シャイア・ラブーフ結構好きw)

・・・邦楽多いな(笑)
でも、公開になったら絶対観たいです♪

映画 / comments(0) / trackbacks(0)
とにかく面白い!
「バンテージ・ポイント」を観ました。
もともと超観たい映画だったんですが、めちゃくちゃ面白かった!!
かーなーりッ!おすすめです!!!
内容の深いところにはツッコミません。(笑)
単純明快そんな娯楽映画。
なのに、その隙間隙間にリアルなメッセージがちょいちょい埋め込まれていて。
よく出来た映画だなぁと思いました。もう1回観たいです。
結構短い映画だったので、もうちょい人物関係とか目的とか、
明確にしてもイイかなぁ〜?とも思いましたが、
や、そこはこの映画にとって、重要じゃないんですよね。うん。(一人納得)

観て損はない映画だと思いますので、是非(^^)♪
映画 / comments(0) / trackbacks(0)
鑑賞DAY
先日からなんだか体調が悪くて、
時々もっすごい腹痛に襲われるんですよ。
多分、食べ過ぎとか冷えとかなんだと思うんですけどね。(いくつだよ;)
なので久々に、1日中どこへも行かず、ひたすら家でビデオ鑑賞会をしてみました。
溜まっていたドラマ5話+映画+その日に放送されたドラマ2話。
う〜ん、めっちゃ疲れた☆

で、映画なんですが、『ラッキーナンバー7』を観まして。
映画館でやっている時から観たかったんですが、タイミングが合わず。

いやぁ〜、すっごい面白かったです。
色々絡んでいるから気は抜けないんだけど、内容自体は軽い感じで気軽に観れます。
それに、なによりジョシュが!!!もぉぉお〜、めっちゃくちゃカッコイイ!!!
それだけでも十分楽しめまっせ。(笑)
昔『パラサイト』って映画があったんですが、
ナゼか私は凄い好きな映画だったんですよ、ある意味B級なんですけど。(笑)
あと『シャンプー台のむこうに』もスキだったなぁ。
なんかまた観たくなって来ました。単なるジョシュ萌えwww笑。

相手役のルーシー・リューも可愛くて。2人の年齢差が10歳あるとは思えないです。
勿論、ブルース・ウィリスやモーガン・フリーマン等の存在感もさすがです。
私はアクションもラブコメもホラーもドラマも、ALLジャンルOKなんですが、
それでもこーゆー、内容に仕掛けがある映画は結構スキです。
http://www.lucky-movie.jp/

でも、今一番観たい映画は、実は『EARTHアース』。
何の種も仕掛けもないストレートな映画ですよね、きっと。
大自然の前には人間なんてちっぽけ過ぎて、太刀打ち出来ないだろうなぁ。
あと、『アメリカン・ギャングスター』も楽しみです。

▼アース
http://earth.gyao.jp/
▼アメリカン・ギャングスター
http://americangangster.jp/
映画 / comments(0) / trackbacks(0)
損するネガティバー
久々にお休みを取って映画に行ってみました。
レディースDAYだったので1000円♪(だいたい1800円なんて高すぎですよね!)

「グッド・シェパード」と「ヘアスプレー」を見ました。

「グッド・シェパード」は、面白かったんですが、内容が結構難しくて。
色んな世界的・国家的な出来事に関わった話だったので、もっと歴史的な部分を
学んでからみたかったな、と。色んな人物関係もちょっと難しかったので、
DVD出たら、もう一度整理しながら見たいです。(^^;
個人的にはマット・デーモンは好きな俳優さんなので、
「ボーン・アルティメイタム」(11月10日公開)は楽しみ☆
その前に「ボーン・アイデンティティ」と「ボーン・スプレマシー」を見直さないと。(笑)

「ヘアスプレー」は、めちゃくちゃ面白かったです!!
面白いと噂ですが、その噂は何のハードルにもなってないくらい、凄く良かった。
ハッピーでホロリとさせて。
実は色んな大切な要素が盛り込まれてるんだけど、それをごく簡単にさわやかに
表現してるから、ストレートに私の心に伝わりました。
何ごとも、前向きに生きることが一番なんですね。それと中身を磨くこと!
頑張ってネガティバーから足を洗って、ポジティバーにならないとッ。

それにしても60年代の音楽とかファッションとかって、ホント可愛い(><)

次は、「バイオハザード3」と「続・三丁目の夕日」を見よう☆
この2本立てって、なんか凄いね。(笑)


あ、今日はハロバイ金成さんの舞台「OCTOBER」を観に行って来ます。
どんな感じなんだろう?凄い楽しみです(*^^*)
ただ・・・明日の天気が、なぁ;;
曇ってても寒くてもイイから、雨は上がってますように!!


映画 / comments(0) / trackbacks(0)
ダイ・ハード4.0

『ダイハード4.0』を観に行きました。

久々に大満足な娯楽映画!って感じで面白かったです。
とりあえず、細かいことはどーでも良くて(笑)、
ひたすらハードなアクションが、これでもか!ってくらいテンコ盛り。
主人公のマクレーン刑事は多分最低30回は死んでるだろうけど、
シーンが変われば小奇麗になって登場。
絶対に死なない不死身オヤジだけど、愚痴は吐くし憎めません。
しかも、過去3作の良さをそのまま残しつつ、よりドデカイ感じで面白かったです。

ま、内容とか細かなことにこだわる方は、う〜ん?って思うかもです。
でも娯楽映画とは、とにかく派手で楽しいものだと思うので、私は好きでした(^^)

てかブルース・ウィリス、頑張ったなぁ。
ホント凄いよ。あの昔と変わらないアクションを違和感なくこなすなんて、
それこそ一番の驚きどころだね!!

次は、ハリポタを観に行こうかな〜。

あ!全然違う話ですが、『十二夜』のチケットがゲットできました!
今度は1等席で価格は涙もんに高額ですが、前から7列目!
かなり上手よりっぽいけど、凄い楽しみだw
映画 / comments(0) / trackbacks(0)